• この掲示板は行政書士 片桐 誠が管理しています。
  • 相続、遺言に関する質問でしたら、どのようなことでも記載してください。
  • KENT WEBのLightBoardを利用させていただきました。
「おなまえ」
Eメール
タイトル
「ご質問(回答)」
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
「画像認証」 (右画像を入力) 投稿キー

Re:[4] 相続財産が土地、建物のみです。

> 以前、聞いたことのある事例ですが、
>
> 「子供のいない夫婦です。
> 私名義の土地、建物がありますが、その他の財産はほとんどありません。
> 私の死後、残された妻がその家に住み続けられますか。」
>
> 皆さんどう考えますか。

相談者が先に亡くなられるか、奥様が先に亡くなられるか、
さらに、相続の時点で土地、建物が存在するかどうかも分からないので、相続の問題は難しいのです。

相談者が亡くなられたときに、土地、建物以外の相続財産、奥様以外の相続人によって事情が異なります。
ですから、専門家にご相談されることをお勧めします。
片桐誠 2016/07/04(Mon) 21:07 No.5

相続財産が土地、建物のみです。

以前、聞いたことのある事例ですが、

「子供のいない夫婦です。
私名義の土地、建物がありますが、その他の財産はほとんどありません。
私の死後、残された妻がその家に住み続けられますか。」

皆さんどう考えますか。
片桐誠 2015/11/20(Fri) 14:31 No.4

Re:[2] 次のような質問、大歓迎です。


問題の正解例を埋めた、この遺言の質問に対する回答は以下のようになります。

「もちろん、そのような遺言をすることはできます。
ただ「財産一切を慈善団体Aに寄付する」という内容が、必ずしもそのとおりになるとは限りません。
というのも、相続人である息子さんは、『遺留分減殺請求により、被相続人の財産の2分の1の限度で、遺言を失効させることができる』からです。
そのようにできるのは、被相続人の財産処分の自由を保障しつつも、相続人の生活の安定及び財産の公平分配をはかるためです。」

民法の学習をした人なら難しい言い回しとは思いませんが、相続、遺言の質問をしたい人にとっては言葉が足りないような気がします。
片桐誠 2015/07/14(Tue) 19:06 No.3

次のような質問、大歓迎です。

私が合格した年の行政書士試験に出題された問題です。
回答の一部が空欄になっていて、そこに40字程度で記述します。

「今日は遺言の相談に参りました。
私は夫に先立たれて独りで生活しています。
亡くなった夫との間には息子が一人おりますが、随分前に家を出て一切交流もありません。
私には、少々の預金と夫が遺してくれた土地建物がありますが、少しでも世の中のお役に立てるよう、私が死んだらこれらの財産一切を慈善団体Aに寄付したいと思っております。
このような遺言をすることはできますか。」

相続の問題は人それぞれです。それに、どなたにも起こる問題です。
些細なことと考えずに、相続、遺言に関することでしたら、どのようなことでも掲示板に記載して下さい。
片桐誠 2015/07/01(Wed) 18:33 No.2

動作テスト

相続、遺言に関する質問、疑問にお答えするために掲示板を用意しました。
フリーのCGIを利用させていただきましたが、正常に動作するかどうかテスト中です。
片桐誠 2015/06/28(Sun) 23:53 No.1

- LightBoard -